ローラ愛。


by u7i8o9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ボランチ・サイドバック・トップ下の動きかた

 FIFA11では無理な体勢だと中々良いプレーができないから、どうやってフリーな状況でボールをもてるかっていうのがカギ。だから、サイドバックやボランチのポジショニングと攻撃参加のタイミングが重要になった? とくにサイドバック。サイドバックがフリーでボールもてると相手はチェックにいかないといけないから、中の選手がフリーになれる。
 サイドで組み立てているときに、相手のプレッシャーで攻撃が詰まってしまうことがよくある。それでもFIFA10なら精度の高いショートパスで前に繋ぐことができたけど、FIA11では相手に前方を固められてしまうと、パスはまず通らない。そこで何割かの確率にかけて前につなぐのもいいけど、そうすると結局パスを受けた選手もパスコースがない。最終的には潰されるっていうパターンが多い気がする。だからサイドチェンジを活用したい。

 で、まだ要領をつかめてないのが、このサイドチェンジの方法。
 理想は逆サイドのサイドアタッカーが中央目によっていって、その裏の空いたスペースを逆サイドバックがかけあがるっていうパターンで。サイドアタッカー→ボランチ(→逆サイドアタッカー)→逆サイドアタッカーっていう流れ。
 問題は解除率不足とFIFA11への不慣れのため、パスを繋ぐ行為にボールロストのリスクが伴っていること。FIFA10なら繋ぐためのパスは、ボールロストのリスクなく出すことができたけど、FIFA11では今のところボール回し自体が難しい。
 また、中・遠距離へのショートパスが繋がりにくくなっていること。これで右ボランチ→左サイドアタッカーへのダイレクトなパスが通りにくい。RBロブパスっていうものがあるけれど、これもまだ使いこなせていない。(ロブパスは手動よりもアシストの方がいい?)
 こういった点を踏まえると、ボランチは攻撃参加よりも繋ぐ役割に比重を置いてプレイした方がいいのかもしれません。またサイドバックの組み立てにおける重要性はより高まったような気がします。
 ただし、サイドバックはANYが担当することが多いのですが、カーソルチチェンジの要領がまだ掴めていないので、効果的なオーバーラップが難しいんです(泣き)。

 またトップ下のプレイの仕方も変わったと思います。
 前作では、中盤の空いたスペースにトップ下が走りこんで、ボランチがそこにピンポイントでパスを出して、そこから組み立てるのが効果的でした。
 ただし今作ではピンポイントなショートパスが中々出せないので、トップ下が前を向いて走りこんでいると、ボランチからのショートパスは大体カットされてしまいます。なので、トップ下は足元で受けて、ボールを捌くというプレイスタイルの方がいいかもしれません。
 もちろん前に走りこんでプレイした方がいい場合もありますが、今作では足元でボールを受けて、より早い判断でボールを散らすというプレイに比重を置いた方がいいのかもしれません。

 もっとも解除率次第や慣れ次第ではガンガン相手を崩せるようになるかもしれませんが、アジアと対戦することの多い今作ではシビアな試合が続き、快勝するのは難しそうですね。
[PR]
by u7i8o9 | 2010-10-26 14:59 | FIFA