ローラ愛。


by u7i8o9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

FIFA10終わりッ

 10月20日、エキサイトステージ活動5戦5勝、皆さんお疲れ様でした。本日をもってFIFA10での活動は終了します。
 最終成績165勝19分け30敗でした。

参加メンバー
・ヨツさん
・キムチさん
・モンテさん
・ナオトさん
・レコパさん
・サルさん
・メガネさん

 本日のACミカン戦6-1と大勝利。その他も大量得点に試合が続き、非常に後味の良い活動だったのではないでしょうか。
 また今日の活動を通じて特に個人的に手ごたえがあったのが、サイド際での僕とモンテさんの連携。僕がLAMでモンテさんがLSBだったのですが、モンテさんのフォロー、またはモンテさんが上がろうとしているときに僕が中に入り込むブラフの動き。自画自賛するみたいで気持ち悪いですが、それでも気持ちよかったです。
 以前モンテさんとウイングさんがサイド際で小気味よくボールを回してましたが、モンテさんはLSB適正が高い?

 さて、ACミカンがよく採用している3-4-3、もしくは英国クラブでよく見かける5-3-2といった極端なフォーメーションには極端な長所があるものの、圧倒的な欠点がつきもの。3-4-3なら裏狙いに弱い。5-3-2ならポゼッションに弱いという欠点がある。
 3-4-3を相手に戦う場合は、ボランチを深い位置において、FWがガンガン前に走る。FWにスルーを出しつつ、相手DFが引いてできたスペースに2列目からの飛び出し。
 5-3-2を相手に戦う場合は、ボランチを深い位置において、ビルドアップ時にボランチに積極的に預ける。相手がプレスをかけてきたところで左右に散らすか、前にパス。
 1on1の場合、極端なフォーメーションでその長所を使われると厳しい戦いを強いられることが多いのですが、チームプレイの場合は欠点を突いてやることで有利に試合を進めることができます。Bループや胸トラゴリブル等ゲームバランス的に欠陥があると言われることもあるFIFA10クラブですが、サッカーの根幹の部分ではWCCFのように崩れるということもなく、サッカーゲームとして大変満足のいくものだったと思います。


 ○FIFA10を1年間プレイし続けた総括でも一つ。

 ヨツさん、キムチさん、モンテさん、ナオトさん、レコパさん、サルさん、メガネさん、アルビンさん、カイゴシさん、ニンジャさん、シマさん、プレさん、ビーさん、ユキノさん、ペペスさん、ギコさん、ミカンさん、ウキョウさん、フォックスさん、ジルドアさん、ジャガーさん、トモさん、フグオさん
 結局一緒にクラブをやる機会のなかった人も、お世話になりました。FIFA11でもよろしく^^ フォックスさんマジで死んでないだろうな?

 FIFA10は、ダイレクトパスをするのか間を置いてからパスをするのか。敵と味方の配置を見て、前後左右どちらにパスを出してプレイするのか。という判断の的確さがキモだったような気がします。加えて、少しのキープ力があれば、多少行き当たりばったりでプレイしていても相手を崩してシュートまでもっていけるゲームでした。
 FIFA11ではどうなるのでしょうか。アジア版をプレイしているフレンドの話を聞く限り、FIFA10に比べてビルドアップが非常に難しくなっている。ひょっとしたら上記の判断+キープ力だけでは相手を崩すことはできないのかもしれません。さらに連動性をもった動き出し、ぷよぷよのような2手先3手先の連鎖を読んだ動きが必要になってくるかもしれませんね。
[PR]
by u7i8o9 | 2010-10-21 00:41 | FIFA