ローラ愛。


by u7i8o9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

戦術の多様性

 相手がまともに守備を考えている、もしくは引き篭もるチームならサイドでのキープ(+中盤の速いパス回し)は有効なプレイなんですが、反対に守備のことをあまり考えないようなチームに対してはサイドでのキープって有効とは言えません。
 サイドでキープするってことは、相手のマークを引き付けるってこと。相手が中央の守りを固めてるようなら、サイドのキープが相手の守備を崩す手段になる。
 ただしまともに守備をしてこない外国チームのような相手だと、サイドのキープは有効なプレイにはならないことが多い。キープするだけ相手を引き付けるわけだから、相手を崩すというよりも、相手に守備を整えさせることに繋がります。

 アジア等の守備にも重きを置いている相手ならキープは有効なプレイとなるのですが、アジア以外のクラブと対戦する場合はキープすることでかえって不利になることが結構あります。
 相手のショートカウンターが怖いな~ってときはサイドで溜めて、相手が寄せてきたところでバックパス→相手が完全に引いた状況で仕切りなおし、っていうパターンもありますが。

 そんな風に相手によって有効な戦術って違います。試合の局面によっても。
 例えば中盤の速いパス回しからサイドに繋げてスペースを有効に使うという戦術。最初からサイドが開いてるようなら中盤で回す必要ないですよね。また、中盤の速いパス回しといっても、何回パス回したら相手が崩れるのかっていうのも相手次第です。

 一番効果的なプレイに努めるようにしたいですね。極論すると一本のパスでゴールを奪うのが理想(いや、一本のシュートかな?w)。ただどうしても相手の守備を崩す必要がある。その崩すための手段がキープ、パス、ドリブル。速攻、遅攻。ポジショニング、プレイの方向。その選択が効果的なものであるほど、相手は崩れるし、やってて面白いはずなんです。
 また一つの戦術や動きに終始しちゃうと、アジアとはいい勝負するのに、外人相手にコロっと負けるっていうことにもなりかねません。
[PR]
by u7i8o9 | 2010-09-21 17:08 | FIFA