ローラ愛。


by u7i8o9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

守備的ポジションの攻撃参加について

        ○


  ○    ○    ○

↑    ↑    ↑   ↑
○    ○    ○   ○


     ○    ○    

 これ? 4-2-3-1のフォーメーションを簡単に表した図です。
 何か2-4-3-1っぽいですが、自分の中ではサイドバックとボランチの攻撃意識は一緒くらいなので、こんな図にしてあります。

 一番上のライン(ST)が一番攻撃意識が高い。
 二番目のライン(LAM、CF、RAM)が2番目に攻撃意識が高い。
 三番目のライン(LSB,LDM、RDM、RSB)が3番目に攻撃意識が高い。
 四番目のライン(LCB、RCB)が4番目に攻撃意識が高い(一番低い)。

 攻撃の中心になるのは一、二番目のライン。
 守備の中心になるのは三、四番目のライン。

 カウンターで攻めるときは一、二番目のラインの4人だけで十分シュートまで持っていくことができるけど、引いた相手を崩すためには一、二番目のラインの4人だけじゃ物足りない。
 なので攻撃を組み立てるときには三番目のラインの攻撃参加が重要になってきます。オーバーラップによる組み立てへの貢献、カウンターへのリスクを考えると、攻撃参加するのは一人がベターなのかなと思います。つまり一、二番目のライン+1で攻撃を組み立てて、残った三番目のラインと四番目のラインで守りを固めておくわけです。

 三番目のラインで攻撃参加するのは、左から攻めるならLSBかLDMがいいような気がします。LAMが開いてるならLDM、絞ってるならLSBが上がればいいんでしょうかね。とはいえ、味方・相手のポジショニング等の状況で有効な攻撃参加は変わってくるので、一概には言えません。あくまでも各人その時の状況判断に拠って攻撃参加した方がいいのかなと思います。
 ただし、7人以下でクラブやってるときはANYがSBを担当することが多く、SBのオーバーラップを効果的に使うことが難しいので、サイドアタッカーは開いて、ボランチが攻撃参加するのが無難でしょうか。
[PR]
by u7i8o9 | 2010-09-13 23:58 | FIFA