ローラ愛。


by u7i8o9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ボランチおもしれいよ

 ボランチ>トップ下>サイドアタッカー>トップの順に好きです。
 スペースが広い順、言いかえれば操作技術が問われない順ですね。
 前線に行くほど相手のプレッシャーが強いし、その分ダイレクトプレイを効果的に使う必要があり、個人で突破しなきゃいけない場面もあります。が、自分はスキルムーブをはじめとした個人技が得意でない。ダイレクトプレーもチームメイトのポジショニングに依存するところが非常に大きい。
 逆に底の選手であれば、パスコースはあるし、相手の選手が寄せてくるまでに余裕がある。サイドが開けば中を結構自由に動けるし、プレイの選択肢が多い気がします。

 ポジショニングやシステムについてちまちま考えることは好きですし、ある程度のタメくらいは作れると思ってるし、ゆっくり攻めたいタイプなので、ボランチはやってて楽しいわけです。

 ボランチやるときのポジショニングについては前々回に書いたような意識で動いているのですが、ボールを持ったときに心がけてるプレイというものがありまして・・・

 それは相手守備を最低一人引き付けた状態でパスを送ること、です。

 ある程度スペースのある状態でボールを受ける機会の多いボランチですが、そのボールをダイレクトで前に送ってしまうと、プレッシャーのきつい味方がボールを失って反撃を受けることが多くなります。
 ボランチがスペースのある状態でボールを受ける、ゆっくりとドリブルで前に向かう。相手守備がボランチに寄せてくる――この時点で味方の誰かがフリーになると同時に、前線で受けるプレッシャーが一人分弱まります。その時点で横にはたいたり、守備をかわして前にパスを出します。さらにパス&ゴーで、寄せてきた相手選手の前に出ることで一気に数的有利を作ることも出来ます。(逆にカウンターのリスクも増しますが^^)

 ボランチはパスコースが十分にあって、低い位置でセーフティに捌くだけならまずボールロストすることはありません。しかしセーフティに捌くだけじゃなく、相手マークを引き付けておいてフリーの味方にパスを出すことでさらに効果的に攻撃を組み立てることができると思います。また、それが出来るのはプレッシャーが比較的緩いボランチなのではないでしょうか。
 つまるとこ、相手守備を崩すのに一番重要なのは、サイドアタッカーの突破でもなく、トップの個人技でもなく、実は何気にボランチのボールキープ力なんじゃないかなと思っているのですよ。

 ちなみに、自分がサイドやトップ下でプレイしているときも、結構ボランチへの落としを意識しています。一旦タメてサイドの裏にボールを出してくれるボランチなんて脳汁出ちゃいますね!
[PR]
by u7i8o9 | 2010-08-24 12:57 | FIFA